福祉金のご相談

トップページ >福祉資金のご相談

緊急小口資金、総合支援資金(生活支援費)特例貸付のお知らせ

 新型コロナウイルス感染症による経済への影響による休業等が発生しており、これらへの対応として新型コロナウイルス感染症の影響により、収入減少があった世帯の資金需要に対応するため、都道府県社会福祉協議会を実施主体とする生活福祉資金貸付制度の特例貸付を行うこととなりました。
 社会福祉協議会では、貸付の対象世帯を低所得世帯以外に拡大し、新型コロナウイルス感染症の影響により休業や失業等によって生活資金の必要な方々に対して、緊急小口資金等の貸付を実施します。

 

【緊急小口資金(特例貸付)貸付内容】

〇貸付対象者:
   
新型コロナウイルス感染症の影響を受け、休業等により収入の減少があり、緊急かつ一時的な生計
  維持のための貸付を必要とする世帯

〇貸付限度額
   1世帯につき1回限り 10万円以内

   ただし下記に該当する場合は、1世帯当たり1回限り 20万円以内とする

@ 世帯員の中に新型コロナウイルス感染症の罹患者等がいる場合

A 世帯員に要介護者がいる場合

B 4人以上の世帯である場合

C 世帯員に子の世話を行うことが必要となった労働者がいる場合
  ・新型コロナウイルス感染症の拡大防止策として臨時休業した小学校等に通う子
     ・風邪症状など新型コロナウイルスに感染したおそれのある、小学校等に通う子

D 世帯員の中に個人事業主等がいること等のため、収入減少により生活に要する
  費用が不足する場合

          

〇据置期間:貸付日から1年以内

〇償還期間:据置期間終了後2年以内

〇貸付利子:無利子

〇申込時に必要なもの:

@借入申込者の身分を証明できるもの(健康保険証、運転免許証 等)

A世帯全員の住民票

B 印鑑 ※シャチハタは不可

C借入申込者の預金通帳またはキャッシュカード

D新型コロナウイルス感染症の影響により減収したことの確認書類(給与明細、通帳 等)

 

その他 貸付金のご相談について


※上記の生活福祉資金貸付制度、特別生活資金貸付制度、臨時特例つなぎ資金の実施主体は北海道社会福祉協議会で、厚真町社会福祉協議会が受付・相談窓口となり運営する貸付制度です。


▲このページの上へ  ▲ホームページへ戻る